お知らせ

いりなかみんなの家だより2015年2月号 いりなかみんなの家
本当に寒い日が続きますね。インフルエンザの大流行で一時保育の子ども達の家族でかかった人たちもいてキャンセルもありました。手洗い、うがい、換気など予防をしっかりとしてこの冬を乗り切りたいですね。


【一時保育】
1月に2週間第2子出産による緊急保育で2歳の女の子Iちゃんが入りました。朝、お母さんと別れる時とても緊張している感じでしたが泣くこともなく保育室に入ってくることが出来ました。。お友達や保育士もいるというのと、いろいろと家にはないおもちゃにひかれてなんとか過ごすことが出来ました。また、散歩に出ると気分が解放的になりだんだん笑顔が見られます。ハウジングセンター、隼人池、興正寺にでかけるのですが、くりかえして同じ所に行くと見通しも持てる様です。ハウジングでのボール遊び、隼人池のすべり台やお砂場遊びが大好きになりました。ただごはんやお昼寝になるとお母さんを思い出し不安になり「ママイイ」と泣いたり、みんなとすわっていれなくって、配膳している保育士の所に居たり落ち着きがありません。お昼寝も大泣きで寝ていくという状態でした。緊急保育は基本的に2週間なのですが、だんだん保育園で遊ぶのは大好きになり、朝、家で「保育園にいく」と楽しみにしてるというお母さん。そんな姿が嬉しいです。2週目になると次々にやってくるお友達を入口まで走って出迎えるようになりました。そしてごはんを待つ間みんなとすわっていれるようになり、お昼寝も自分からお蒲団に入り少し泣くだけでぐっすり眠れるようになりました。そんな変化がお母さんも嬉しいし、お迎えに来てIちゃんが楽しそうに遊んでいるのをみてとても安心されています。産後大変な時に一時保育という形で支援ができ、Iちゃんに楽しい一日を提供出来てとても良かったと思いました。またリフレッシュ保育で利用したいと言っていただきまた嬉しく思います。

1月は週に1回くらいの割で雨の日があり、お部屋で過ごすことになります。思いっ切り身体を動かすことが出来ないので子ども達にはかわいそうなのですが、小麦粉粘土で遊んだりシール貼りをしたりしています。1月はこの季節ならではの雪だるまのシール貼りをしました。目と口、ボタンの位置を意識してシールを貼る3歳半くらいの子ども達、自分の思うように模様のように貼る歳の子ども達、シールを貼ること自体が楽しい1歳の子ども達。姿はそれぞれでしたがユニークな雪だるまが出来ました。


【親子広場】
1月からは奥田先生、木下先生が担当になりました。わらべうた、紙芝居の読み聞かせ、ボール遊び、布を使っての「いないいないばーあそび」を楽しみました。午前中にフリースペースの時間を設け自由に遊具で遊んでもらったりお母さん達で交流してもらったりしました。空グループ(0歳児)ではHくんのお母さんが中心になり地域の0歳児をもつお母さんの繋がりの輪が広がり一緒に親子広場に参加して下さいます。又独自に集まりも持っていて交流の機会が色々もてているようでとても貴重なことだなーと思います。 
いりなかみんなの家 〒466-0824 名古屋市昭和区山里町134-4 TEL:080-8260-5673
一つ新しいお知らせへ お知らせ一覧へホームへ 一つ古いお知らせへ