お知らせ

いりなかみんなの家だより2015年3月号 いりなかみんなの家
2014年度も最後の月になりました。今年度はいりなか保育園内の新しく増築した所での子育て支援でした。いりなか保育園内という事で一時保育の子ども達も、親子広場のお母さんや子ども達も園内の様子がわかってもらう事ができ、子ども同士の交流もできてとても良かったと思います。

また、地域の親子の方々にフリースペースでも利用してもらいました。園庭の砂遊びもしていただいて喜ばれました。来年度も引き続きよろしくお願い致します。


【一時保育】
後1ヵ月で非定型の子ども達は15名中11名が卒園です。来年度よりそれぞれ幼稚園、保育園に入園です。時々リフレッシュ保育で来てくれた子ども達も幼稚園の入園が決まり新しい生活の準備が始まります。一時保育はたいてい2歳児までの子ども達です。お別れするのはとても寂しいのですが新しいスタートを心から応援したいと思います。

こぶた組の子ども達も一年が経過すると友だち同士の関わりがとても豊かになり嬉しいです。こぶた組の部屋の中で手作りのいすとテーブルを3才後半の子が設定すると4,5人が集まり何やら会話しながらままごと遊び。電車遊びをお互い線路をゆずりあいながら走らせています。散歩では遅くなる子を迎えに行ってあげたり、手をつないでいてくつが脱げるとはかせてあげたりする姿が自然にでてきて嬉しいです。

2月は春のきざしがチラホラ。日中は暖かくなり散歩日和の日が続きました。隼人池近くの神社に出かけました。稲荷神社で狐の像があちこちにあるのでいりなか保育園では「コンコン神社」と呼んでいます。小さな鳥居がいくつもあってそこをくぐり探索。狐も見つけます。そこの地面に細い葉っぱがたくさんの植物があります。その中を手で探ると青いきれいな実がみつかります。子ども達も保育士のやるのを見て同じように手を動かし発見。いくつも見つけて大事に持ち帰ります。お家でも大事にしているというお母さんのノート。嬉しいです。自然の物とのふれあいは貴重ですね。又興正寺にも良く出かけました。たくさんの階段を上ったり降りたり、林の中を歩きました。大日殿の後ろの崖登りもしました。思いっ切り身体を動かす満足感を味わいました。

今年度も後少しこぶた組を卒園していく子ども達がいます。一日一日を楽しく過ごして思い出たくさんつくりたいです。


【親子広場】
2月3日いりなか保育園では豆まきが行われました。地域の親子の皆さん30組余、ホールいっぱいたくさんの方々に参加していただきました。何が始まるんだろうという雰囲気の中年長さんの鬼がやってきました。自分達でつくった鬼のお面で顔を隠し扮装しての登場です。なかなか迫力があり子ども達お母さん達の表情も様々ですが思いっ切り豆(実はポップコーン)をなげていました。そしてしばらくすると本物の鬼。泣き叫ぶ子、驚くお母さん達、騒然となりましたが、日本古来の伝統行事を皆さんで味わいました。保育園の保育の一端もわかっていただけたのではと思います。

来年度は5月から親子広場を行います。これからもよろしくお願いします。


【リフレッシュ保育】
尚2015年4月のリフレッシュ保育は非定型保育児が新しく入園するため行いません。リフレッシュ保育の受け入れは2015年5月からです。
申し込み日は4月15日水曜日PM3時~4時ですよろしくお願いします。
いりなかみんなの家 〒466-0824 名古屋市昭和区山里町134-4 TEL:080-8260-5673
一つ新しいお知らせへ お知らせ一覧へホームへ 一つ古いお知らせへ