お知らせ

いりなかみんなの家だより2015年1月号 いりなかみんなの家
新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

2015年新しい年がスタートしました。年末年始のお休みをたくさんいただきスタッフ一同リフレッシュし気持ち新たに子育て支援の取り組みをしていきたいと思います。2015年度は子育て新システムが新たに始まります。保育現場は様々な困難が待ち受けていると思いますが、4月からもいりなか保育園は保育園としてやっていきます。いりなかみんなの家もこのままの形でスタートします。新システムが始まっても保育の現場がより良くなるように自治体に働きかけていく事はとても重要です。特に保育現場の実際は各自治体の裁量によるものが多いのです。この名古屋市への運動が要です。頑張っていきたいと思います。

さて、いりなかみんなの家の子育て支援センターのセンター長 松本保育士が1月より産休に入りました。スタッフの変更がありますのでお知らせします。一時保育は高木、石神、松枝、山本、親子広場は園長奥田、主任木下が担当します。一時保育の受け入れについてのご相談はみんなの家、高木までお願いします。


【一時保育】
12月は本当に寒い日が続きました。また、名古屋では18日記録的な雪になりました。こぶた組の子ども達は2才児の子ども達が本園の子ども達と一緒になって雪遊び。雪をまず触る、砂場のオモチャの型抜きで雪のプリン作り、本園の子ども達が作った雪だるまに石で目を付けたり、保育士が色粉を雪にかけるときれいなピンク、黄色になりかき氷ごっこと遊びがひろがりました。冬ならではの体験を共に共有でき良かったです。さすがに1歳児の子ども達は一度外にはでたものの寒く冷たく泣けてしまい早々にお部屋へ。この日は2人だったので保育士と共にゆったりおもちゃで遊んで過ごしました。さて、12月19日は本園の「年末お楽しみ会」(クリスマス会)こぶた組も参加しました。おおぜいの集まりやその場の雰囲気に圧倒され泣けてしまったリフレッシュの子も1名いましたが他の子ども達はとても会に集中していました。本園の各クラスの出し物や保育士達の歌声を食い入るように見て、聞いて、楽しみました。そして、なんとこぶた組もささやかながら出し物をしたのです。手遊び「だんごだんごくっついた」です。日頃とても楽しく歌っているものでみんなの前にでて1列に並んで見事手遊びが出来ました。拍手、拍手です。最後に本物のサンタクロース登場にびっくり。良く見ていました。こぶた組にも素敵なオモチャのプレゼントがもらえ大喜び。楽しく貴重な体験が出来ました。
今年の毎日が楽しく過ごせますよう頑張っていきたいです。


【親子広場】
12月はクリスマスの季節。1,2歳児は親子でクリスマスツリー、ベル作り。親子で楽しみながら作り、持ち帰る時のうれしそうなこと。0歳児は親子でわらべうた。ゆったり行い子育て交流もしました。又19日の「年末お楽しみ会」にも参加して頂きました。おおぜいの中での参加で子ども達は圧倒される所もあったと思いますが知っている歌等が出てくると一緒に楽しんだりしながら、いりなか保育園の保育の一端をお母さん達に知って頂く良い機会になったと思います。その日参加して下さった親子にリフレッシュでこぶた組に来ているRちゃんがいてこぶた組の姿を見つけ自分からこぶた組の仲間入りし、出し物もいっしょにやってくれてとても嬉しかったです。
いりなかみんなの家 〒466-0824 名古屋市昭和区山里町134-4 TEL:080-8260-5673
一つ新しいお知らせへ お知らせ一覧へホームへ 一つ古いお知らせへ