お知らせ

子育て支援センター「みんなの家」だより2014年3月号 いりなかみんなの家
2013年度も最後の月になりました。今年度も本当にありがとうございました。すでにお知らせしましたが「子育て支援センターみんなの家」は2014年度よりいりなか保育園に移転することになりました。今後ともよろしくお願いします。またみんなの家のスタッフも入れ替わりがあります。又4月のおたよりでお知らせします。

3月に入り少し寒さがゆるんできました。でもまた寒の戻りもあることでしょう。インフルエンザもまだ流行しています。気を付けて年度末を乗り切りたいですね。


■一時保育
2月は延べ180名の利用でした。来年度、年少を迎える非定型保育の子ども達は次の幼稚園、保育園が決まってこぶた組を卒園していきます。又リフレッシュを利用していた親子で働くことになり、保育園が決まったという事もありました。お父さんの転勤で東京や横浜など遠くに引っ越すことになった親子もいます。3月はお別れの時期、新しい生活への準備の時期でもありますね。後1ヵ月楽しいこぶた組生活をおくって行きたいです。

2月はお母さんの第2子出産で緊急保育を利用した2歳9ヵ月のSくんがいました。Sくんは今までリフレッシュ保育を利用したり、親子広場も参加していてみんなの家には慣れていたのでこぶた組の生活はスムーズにいき楽しく過ごすことができました。この先生にはとことん出せると言う保育士がいてにこにこしながら「ダッコシテ」と言ってみたり、お昼寝の時その保育士にこだわったり、ご飯をしっかり食べる子でおかわりが無いと「オカワリナクテモホシイ」とごねたりします。そんな姿をお母さんに伝えると「安心して自分の気持ちを出せる場になったんですねー」とSくんの姿を肯定的にとらえていらっしゃいました。そして最後にの日に。「みんなの家今日でおしまいだよ」とおかあさんがいうと「イヤ、カナシイ」と言ったとか。Sくんにとってもお母さんにとっても良い生活の場になり本当に嬉しい事でした。  

移転後も子ども達やお母さんたちの心に寄り添いていねいな保育を心がけていきたいと思います。


■親子広場
2月は延べ0歳児13組、1歳児16組、2歳児15組の参加でした。又2月3日の節分の時には0歳児〜2歳児まで30組くらいの親子の参加して下さいました。節分にちなんだわらべうた、「鬼のパンツ」の踊り、鬼がでてくる話のパネルシアターをやって楽しんでいると本当の鬼!会場は泣き声と驚き、袋詰めのポップコーンで「オニハソト―」で盛り上がりました。その鬼は去ったかなーと思うとあちこちの窓から顔を出し「キャー」。日本の文化を少しみんなであじわえた時間になりました。

0歳児の親子で2ヵ月、3ヵ月からずっと親子広場に通ってくれてた2人のお母さんが4月からお仕事との事。無事保育園にも入所でき、ホッとされてました。子育てしながら仕事を続ける新しい生活が始まります。心から応援したいです。 



■のびのび子育てサポート事業
この4月から職場復帰される方からの依頼が何件かありました。紹介できた後は、一度ためしを兼ねて預けていただくことをおすすめしています。少しでも慣れておいた方が子どもにとっても、預かる側にとっても良いと思います。


■リフレッシュ保育 
2014年のリフレッシュ保育ですが、4月は非定型保育の子ども達の入れ替わりのためお休み致します。すみませんがよろしくお願い致します。
5月のリフレッシュ保育の申し込みは4月15日(火)午後3時〜4時です。
いりなかみんなの家 〒466-0824 名古屋市昭和区山里町134-4 TEL:080-8260-5673
一つ新しいお知らせへ お知らせ一覧へホームへ 一つ古いお知らせへ